・_・

?!

正解のはなし

中高校一緒で、大学生になってから年1ぐらいしかあえてなかったけど連絡は取り合っていた友達と、

「ふたりで性転換をして結婚する」話になったけど、これが“正解”か。

 

実行してもしなくても今後の人生わりともうこれで満足です。

あさくら画廊はギャルの小腸


f:id:okashibabaa:20180407043751j:image
同じ地区に住んでいる、ボード乗りに聞いたら中指たてられるのは普通らしい。

 笑っちゃうぐらいの治安の悪さ。

 

お酒を飲んじゃって寝れないので、あさくら画廊に行ったときの話をします。

 

 

綾瀬の奥の竹ノ塚駅にある一軒家をまるまる改造した画廊?アミューズメントパーク?みたいなところ。
f:id:okashibabaa:20180407042604j:image

住宅街にいきなり出てくるどぎついピンクが目印です。

竹ノ塚は90年代の風貌の女性(バンダナ)が印刷された看板や広い空、錆び付いた踏切など非常に情緒に溢れた町です。すれ違う自転車乗りは必ず手を離していた。

 


f:id:okashibabaa:20180407043052j:image

 入り口に近づいてみると、ホコリを被ったピンクのあれこれでしっかりと作り込まれているのがわかる。

「ちんとんてんしゃんとどこまでも」

ファンシーなキャラクターとともに、目玉とか脳ミソなどのグロテスクなものが目立ってる。

 

中に入って行くと2階のアトリエで絵を描いてらっしゃった家主の辻さんが電気をつけてくれて解説してくださります。入場料は学生無料、大人は1000円。この入場料も観覧希望者が多くなってしまったからとった措置なんだよね~とおっしゃっていた記憶がある。

 

名前を知ってる理由は、入って初っぱなの玄関の仏壇に免許証がおいてあったから。証明写真のバックは普通の水色でした。なんも怖くないのか。

 
f:id:okashibabaa:20180407043835j:image

f:id:okashibabaa:20180407050330j:image


f:id:okashibabaa:20180407043730j:image

f:id:okashibabaa:20180407043552j:image

 

おうちのなかはどこもかしこもピンクピンクピンク。小腸ってこんな感じかな~という気持ちになれる不思議な空間。人間でありながらこんなに手軽に食物の気持ちになれるなんて...

 

おめめがキラキラのキャラクターの他にもいくつもあるリアルな女の子のどでかい作品は、「ポップティーンやランズキを参考にしている」とのこと。ギャルなの?

ちなみに辻さん、風貌はスキンヘッドに帽子にメガネ。あとスカジャンのようなものをお召しになられ、声も低いので冷たい印象がありますが、質問したらなんでも答えてくれて笑ってくれる暖かい人です。

屋上に上がったとき、銀フレームの眼鏡がキラキラ。ご自分でデコったらしい。ギャルなのかも。

 


f:id:okashibabaa:20180407045037j:image



f:id:okashibabaa:20180407050130j:image

f:id:okashibabaa:20180407045121j:image

 

屋上には素数が敷き詰められていて、朽ち果てそうなジャングルジムとブランコ滑り台、あとお茶会セットが置いてあります。雨風のお陰で落ち着いた色味の素数は不安になってきます。あと一歩間違えたら死にます。柵とかないので。

隣の家から子供をよぶ声がしたので返事をした。辻さんはそっと「小学校であさくら画廊に寄っちゃいけないという旨のプリントが配られている」とつぶやいた。

なんかガラスとか割れていたしそりゃそうか。

 

はてな動画貼れないみたいなので諦めましたが滑り台もカントウイを着るタイプの奴隷が回すよくわからないやつもある。中にはいったら辻さんがまわしてくれるのなんで?

 

飾ってある(置いてある?)作品はどれも購入可能。

しかも1000円からでよくわからないくらい安い。小さなイラストを買いました。

f:id:okashibabaa:20180407050017j:image

 

一時ゴッホに影響を受けていたらしくそれを感じされる作品や、手作り神社や血みどろプーさんなどが家一軒に押し込められてて不思議な空間。

 

実家にも同じような家をつくってほしいと言ったら「何色がいい?」ときかれたのでキミドリを所望しました。そこの決定権をくれるんだ。

 

 

個人的には台所のゴミ箱に卵のからや、アトリエに14こいりのキリチーズが置いてあったのが一番アートっぽかった。ゴリゴリの生活感。

 

最近はタトゥーシールを貼って就活をしている。今度はジャグアタトゥー(2週間で落ちる)のインクをもって腕に可愛いイラストを描いてもらおうかな。

 


f:id:okashibabaa:20180407050850j:image

ペニーボードのススメ

こんにちは。春特有のどっちつかずな天気。私は晴れだと思うけど、人によったら曇り。そんな話だけしていたい。

 

 

先月ペニーボードというスケボー(?)を手に入れました。結論を言うと‘’めっちゃ良い‘’のでダイレクトマーケティングします。洗脳とそそのかしとダイレクトマーケティングが得意です。

 

 

【始めるきっかけ】

移動時間を短縮したかった。フラフラするのがすきだけど、歩いていたら時間が足りない。

 

あと運動音痴をなんとかしたかったから。

かけっこはいっつもビリ、鉄棒とか水泳とかは得意なタイプの運動音痴。地上に向いてないのかな。

 

以前人に自分の欠点を話したところ、「分かってるなら直したら?」と言われ、確かに~!と目から鱗、また一つ悟ってしまった...

それから欠点を洗い出してどんどん潰してこうという気分。あと人に簡単に欠点を露呈しないようにしてる。

この世は戦場だからね。

 

【練習方法】

 はじめは家の小さな駐車場のスペースでスタート。ボードの上で直立できるようになるまで2時間くらいでした。そこから乗ったまま手をつきながら移動できるまで2日、ひとこぎできるまでもう2日。公道に出て長くのれるようになるまで1日練習。 それで乗れるようになりました。運が良いのか一度も転んでない。

 

すご~はや~計10時間も練習してません。毎晩ちろっとやっただけ。

 小学生の時一輪車がのれるようになった練習方法になぞってみたけど、不都合がなかった。

全てはこういうことか。

 

【良い点】

・歩くより早い

以前歩いたコースをそのままペニーで移動したけど、歩く×1.5くらい早かった。運転で脳を使うからかもっと時間がたつのが早く感じられた。

あと歩くだけじゃ使わない筋肉が使えるのが○

 

・達成感が得られる

成人すると「目に見える成果」を感じることが少ない。自分のなかでの進歩、みたいな当社(?)比でしか図れないものが多いなか、できる/できないのジャッジしかないのが「できない→できる」になった達成感は貴重だった。一輪車とか水泳とか鉄棒とかの達成感は基本的に小学生のときに終わってるもんね。そういうの大人になるまで取っておいても良かったかもしれない。料理とかはまた違うし。

 

・知らないティーンに中指をたてられる

完全にペニーを効率的に使っているので、ハチャメチャ安いけどちょっと遠いスーパーとかにも乗ってきます。

その帰り道、同じようにペニーボードを乗ったイケイケティーン(原付に乗ってそうなボーイ)が向かいからやって来ました。「下手だしちょっと恥ずかしいな~」とか思いながら、ガン見するのはあれなのですれ違ったとき、視界の端でとらえながらなのでたしかな記憶とは言えないのですが、多分中指を立てられてました。

そんなことありますか???すれ違い様中指を?る

あんまり人生で中指を立てられる経験がないので凄い面白いです。じゃがいもとかカブでパンパンにしたリュック背負いながら中指を立てられるなんて...わたしはこんなチンチクリンなのに?!?もうちょっとはやく体験してたら就活の「最近楽しかったことは?」っていう質問でこれを話したな~。

 でももしこれがボード界隈の挨拶とかだったらどうしよう。なんかヘイブラザーみたいなハンドアクションのスタートみたいなのだったらどうしよう。今度また彼に会えますように。

 

【悪い点】

・ちょっと危険

私がなれてないってこともあるかもしれませんが、たまにボードが1人で前に進んじゃって危ない。

当たり前だけど交通量が多い道路ではやめた方がいい。

 

・持ち運ぶとそでが汚れる

真っ白な服は控えよう。

 

 

【総括】

達成感を得られたのが一番よかった。

あとこれを書きながら、できる/できないで判断できるものが得意なんだと気づいた。リレーとかも無闇に「はやく走る」とかを目標にするんじゃなくて「何秒までに走る」とかにしたらまた違うのかもな。明確な越えるハードルを作って、試行錯誤するのが性にあってるのかもしれない。

 
ペニーはじめての遠出では松尾芭蕉ガチだった14歳のとき1人でいった芭蕉記念館を訪れた。こんどは携帯をもってるので迷わない。正岡子規松尾芭蕉の企画展をやってて、桜もキレイで最高のタイミングだった。あと蔵前にある『sunnycloudyrainy』の商品全てたっかいけど可愛いし納得のものばかりだったので節制しよう。リボンで結ぶ麦わら帽子がほしいんだ。https://www.instagram.com/sunny_cloudy_rainy_/


f:id:okashibabaa:20180401154533j:image

 

20歳の誕生日プレゼントで、欲しいものが浮かばなかったから庭に植えてもらった桜の苗は成長してるが今年も花は咲かなかった。

 

 

 

 

 

意味もなく嫌いだな~と思っていた人のSNSをちらっとみたら大学生インターンのことを「手下」と言っていた。

これが正解か。

Qもし人を殺すとしたら、どんな手段を撰びますか?

面白いってなに?さんまさんと野性爆弾は同じ方向を向いてないけど、それをジャッジする人はどっちを向いてるんだ。 

 

 

週末にお笑い学校に通っている人に誘っていただき、その方デビューライブを拝見した。

 

5段階で評価をつける紙を配られたが、面白くなりたい人はみんな面白いよ...と思いつつ偉ぶって点数をつけた。

観客の反応がいいのは極端に元気なネタか、極端に静か(かわいい)ネタだった。時代は極端がうけるんだな。

 

途中イエス・キリストを模したキャラクターが右頬を打たれていたのに、左頬のことをなにもさわらなかったので「もっと勉強してください」と書いた。

 

誘っていただいた方のコンビは優勝していた。凄い。「おもしろい」のは頭がよくないとやってけないんだな。アガペー

 

そのあとは谷川俊太郎展に行った。

詩は文字としてでなく音としてとらえるのが正しいかも知れないな。小学生のときはよくわからなかったけど、10年間生きてきたらこのぐらいの変化はあるんだな~。

 そこに音だけじゃなくて視覚も入ってきた展示の仕方はちょっと変わってて面白かった。5時間いれば気が狂いそうな部屋。

 

あとは俳優さんレベルで美しい学芸員の方がいた。古川ゆうきさんかと思ってじっとりと観察した。

不意に少年アヤちゃんがカフェの店員さんを好きになって領収書をエイベックスで切ったエピソードを思い出した。絶対にいつかやってやりたい。なんならそのためにエイベックスに入りたい。

 

最後に谷川俊太郎の年表が8メートル?10メートル?そんぐらいあったがすべて早歩きでパッと見た。有名人だとしても他人から見たら人の一生なんんてそんなものだ。

 

最後、3つの質問対し著名人のそれぞれの回答をテレビで流していたが

 

『もし人を殺すとしたら、どんな手段を選びますか?』という質問に対し

 

『そっと。』

 

と答えてる人がいて悔しかった。調べたらミナペルホネンのデザイナーだ。好きですusa bag。青山スパイラルの展示も2回いきました。タンバリン、最高。

 

質問におもしろく答えるんじゃなくて、質問を違う視点からとらえて面白くしている。なんという頭の良さ。面白さ。すごい人だから当たり前だとおもいつつ、よく分からないが悔しかった。向こうは著名人で、私はただの大学生なのにおこがましいにも程がある。


f:id:okashibabaa:20180304132348j:image

地下アイドルの客引きに着いてったら、最終的に身ぐるみ剥がされて東京湾に沈められるの?

沈められたくないですか?東京湾

 

新大久保のイケメン通りでは韓流地下アイドルがチラシを配り、その後ろを女性たちが着いていく「ハーメルン」スタイルの行列がよく見られます。

 

憧れが過ぎて(あの列に着いていったら最終的に身ぐるみ剥がされて東京湾に沈めらるのかもしれない)という妄想に達し、なんなら本望なので行ってみました。

 

新大久保にある『showbox』というライブハウスの出演グループが客引きをしているみたいです。

ライブハウスは平日も平均5組位がほぼ毎日ライブをやってた。

沈められても月曜の出社に間に合うように土曜日に行き、ルーレットアプリででどのグループにするかを決め、出番まで新大久保で待機。

 

大人気韓流ドラマをテーマにしたカフェでお茶をしましたが、通された席の壁は穴が開き、ソファーは破けていました。嘘だろ。


f:id:okashibabaa:20180212105128j:image

 

でもラテアートは可愛かったので満足です。イラストはディズニーものやワンピースなど色々ありますが、トラファルガーローのイラストでなかったので満足です。満足ですが、コーヒーは美味しくなかった。

 

なんとなく席をたち、ライブハウスに向かっていたらお目当ての地下アイドルたちがチラシを配っているのに遭遇。かっこいいです。頭身は8でした。チラシをもらうと二人のアイドルが丁寧に話しかけてくれます。

「キョウノライブヤバイ セットリストイカれてる」「イカれてル?チガウヨ...マアイイカ」「ヤバクイカレテルノデキテクダサイ」

イカれてててもなんでもそのために来たのでもちろん行きます。そのあとも道行く人にチラシを渡し、交流をとるアイドルの方々。

 

チラシをもっていくと1000円でライブが拝見できるようです。?安くないか?まあこのあとぼったくられるんだろうと踏んでついていきます。キャッシュカードは持ってきてるので安心です。

 

30分ほど寒空のもと待っていると、TOとおぼしきおねぇ様からお話しかけいただいた。親切にメンバー紹介をしてくださり、その日はメンバーのサプライズ誕生日パーティーをするようでペンライトや応援段幕?(A4)のようなものをいただきました。どのジャンルに限らずオタクは推しの母親気分なんですね。わたしも一時期山田孝之の実母に会いに行くことをライフワークにしていたのでなんとなく分かります...

 

ライブは前売りチケット→当日チケット→チラシの順に入りますが、小さい箱なので一番奥でもステージと5mくらいです。初見は多分私たちだけ。

いただいたペンライトを折ったところでライヴスタート。

メンバーは、オラオラ2人(大学生らしきグラサンキャップ・S系美人)とほんわか2人(リーダー・誕生日)の四人で最初のMCでキャラクターと、立ち位置がすぐわかり設定の完璧さに感動。

はじめの曲は三代目J Soul Brothersの「リュウセイ」です。ヤバいの意味がわかりました。でもダンスも歌も上手い多分口パクじゃないんですが本当に上手いです。そのあと日本の曲を2曲ぐらい歌い、花束が登場。

 誕生日のメンバーは感極まって泣きはじめました。ちなみに犬でいったらモサッとした忠犬みたいな人です。「18年間やってきてステージ上で祝ってもらったのは初めて」からの「5年前に自分で作った曲を聞いてください」とハングルのバラードを歌われたときはちょっとうるっしましたが横を見たら爆笑していたのでスン!となります。

その他も5曲?ぐらい続けて激しい曲を歌って踊って下さり大満足です。すごい、キラキラしてる小さい箱だろうがなんだろうがあれは「アイドル」です。

その後もチェキがとれるというので1000円を確認して2階へ。その間もTOに話しかけていただきました。ありがとうございます、ありがとうございます。楽しかったです。

チェキをとり、サイン会にうつりますが時間が長い。体感5分ぐらい話します。サングラスの人はサングラスを「アレルギーだから取らない」といっていてファン嫌いなんか?と、不安になりましたが、イラストが下手で最高です。犬を飼いてもらいました。もう一人のオラオラ顔がきれいな人はイカ、そしてウサギを裏側に書いてくれました。誕生日の人は「キョウハナイテスミマセン」と照れていてひまわりを書いてくれました最高推します。

最後にリーダーですが丁寧に猫?を書いたあとチラシを配った話から、ずっーと「チクビパーンしましたか?」と聞かれて(?)となっていしたが、「○○のファンになりましたか?」と言われていたと気付き一気に手汗があふれました。なりました。なりました。乳首は無事です。

 

 
f:id:okashibabaa:20180212213848j:image

 

 距離が近いと直接現金を渡してる感じがして大変良いですね。

ファンの方々の「イエイエイ!」と掛け声が心地よかったです。

 

 

 

人間を辞めて概念になりたい


f:id:okashibabaa:20180119235234j:image

 西本喜美子さんの写真展に行ってきた。70歳ごろから写真を始め、自分で加工してるらしい。フォトショでかかれた写真はSFの昆虫みたいでオシャレだった。笑えなかったり不謹慎だったりする笑いは、そちら側から発信すると上手く作用するのかもしれない。人間味がなく、年を重ねたからこその趣があって羨ましい。 


f:id:okashibabaa:20180120012518j:image

 

人間味は無くしたほうが楽だと気付いてから、自分のパーソナルなことは発信せず、各コミュニティの交わりをあまり作らないでいたら家がなく森に帰宅してそうだ、という評価をいただいた。ちょっと失敗しちゃったかもしれないが、はやく概念になりたい。

ここで言う「概念」とは神とかおとぎ話の登場人物とか高田純次さんとからカズレーザーさん。あの人だからで許されるようになりたい。これは「諦め」にもにている。

あともう一歩な気がするから理性の線をもう少しだけ踏み外そうかな。あちら側とそちら側の人の境には高い壁があると教えられてきたが、人によって高さは異なる。私のは肩ぐらいまである。木嶋佳苗さんと私の違いは、保険金目当てで殺せるか、殺せないか、壁を越えられるかそうでないか。

越えると犯罪はしないにせよ滅茶苦茶面白なれると同時に親が泣くのが目に見えてる。でも概念化したら、親もいなさそうだし実態がつかめないから誰にも迷惑をかけないからいいことだらけだ。やったー!

 


f:id:okashibabaa:20180120014312j:image

 

そんなことを考えつつ、今日も門限までに森に帰った。