・_・

?!

SMバーに行ったけどどちらでもなかった


f:id:okashibabaa:20171209010753j:image


寒い。冬です。12月、あっという間だ。一年も終わる。SMバーにいってきました。

 

その前に花園5番街くらいにあるレモンサワーのお店に行った。友達におすすめしてもらったところ。覚えていてよかった。

 「THEOPENBOOK」

というお店で3階まで吹き抜けでところ狭しと本が並んでいます。オーナーの小説家だった祖父の蔵書のようです。

レモンサワーの専門店でメニューはレモンサワーとレモンスカッシュ、あとは『このせかいの片隅に』にでてきたビールの3つだけ。チャージとお酒で1000円ぐらいです。


f:id:okashibabaa:20171208013530j:image

 
f:id:okashibabaa:20171208013659j:image

オーナーと店員さんがずっと映画について語っていて「その時の主人公の哲学(?)はなんだったの?」みたいな趣深い話をしていた。ずっと知的だったので、こちらはこちらで近々あった鳥肌実の話や見世物小屋の話をしつつ「鳥肌実さんてジョーカーに似てませんか?映画の…なんだっけ…」と朧気なはなしをしていたら「あースーサイドスクワットの~」と話に入ってきてくれた。鳥肌実で図る文化的距離感。心が一気に近づいて、いろんな話をした。阿部定事件や坐間事件、互いの関係性、お店の話など楽しくお喋りさせてもらいました。早く鳥肌実のサイン本を寄贈したい。大麻シールを見せたら大麻をやってるお店を教えてもらいましたが、確実にやってると思われてますね、タバコすら吸ったことないのに。ちなみにそのお店、調べたら目星がつきました。人間なもので少し引かれてはいますが、低くなった敷居を跨いでしまったらもう戻れないような気がするので帰宅して保険の教科書を熟読します。もう一度足を運びたいな。

 

そしてSMバーへ。

http://amarcord.jp/index.html

 

『Amarcord』という新宿三丁目の奥にあるお店です。

扉を開けたら刺激的な格好をされたお姉さま方がたっくさん。コルセット着用が義務みたいです。鞭や器具をさわらせてくれます。美しい~!女性は1時間1500円のドリンク500円。サービス料は20%。4人に対して2人、サディズム1名とマゾヒズム1名のお姉さまに接客していただき、気になってたことを沢山聞き満足です。

 主従関係は複数と結ぶのが当たり前で男性がM嬢を従えることを「多頭飼い」と呼ぶがそれを女性側はあまり良く思ってないことや、年代におけるSM価値観の違い(上になればなるほどMに人権なし)、S嬢さんが50代のM男さんの精巣を摘出し代わりにスーバーボールをいれた話などが記憶に残っています。あとはプレイでは行わないけど、お店では披露する用の縄技を実践していただきました。首と手を結び、お酒しか呑めないようにする縄技です。


f:id:okashibabaa:20171209010112j:image



f:id:okashibabaa:20171209010142j:image

不自由は全く感じない。S嬢の方が血が止まってないか手を触り確認してくれたときに愛情を感じました。お母さんみたいじゃん。でも「トイレにいきたいので外して欲しい」とお願いしたところ「本来ならそのまま行って欲しい」との旨を伝えられそれもまた一興かな~と感動。終始お話をさせていただき、大変興味深かったのですが授業を受けてるような気分だったのでどちらかに傾倒してるという訳ではないんだな、と自分を再確認しました。

 縛られてる時の動画を撮ってもらったので、早く覚えて飲み会の5次会位で披露したいと思う。

 

 

ノンポリですが鳥肌実のライブに行って来ました



f:id:okashibabaa:20171205145024j:image

鳥肌実さんのライブに行ってきた。知らない人はそのままでいてください。端的に言うと「極右の芸人さん(若いころ美少年)」ちなみに私はノンポリでただの顔ファンです。出演されていた映画もTSUTAYAで借りて観ました。顔がよい。

 

総括すると面白かったんですが、学がないので途中あまりわからなかったのが残念!

 

19時から開始予定でしたが20分ほど押してスタート。その間ずっと戦争楽曲や空襲ラジオが流れてて音楽のバリエーションに感動した。よく音源あるね。

汗だくで普通に入り口から「玉砕スーツ」を着用されて登場された鳥肌さん。同行者と一番入り口のカウンターに座ってたので驚いた。「遅れてすみません」と腰低く礼儀正しく謝りながら私たちの横で汗をふく鳥肌さん。その横で「先生!今日も楽しみにしてます!」と声をかけるガチ勢。もう面白い。あと怖い。

ちなみに客層は男女比は9:1で年代は40~50代下手すると一番若いような気がしました。喫煙室には超新宿似のアウトサイダーな人たちが沢山いました。割りと暗いのにサングラスを外さないところが◎

 

ライブは一番有名な廃人演説から始まります。youtubeに別バージョンがあるので気になる人は調べてください。口上はもちろん顔と声質もしっかりと作ってて凄い。

そのあとはマスメディアの左傾倒に異論を呈したり、左政治家の大阪生コン労働連盟の裏側や先日の選挙問題、学会問題、相撲部屋ビール瓶事件、理想の東京オリンピックについて語ったり。終始政治家の名前を多数出されお話しされていましたが、大半がわからなかったのが悔しい。ちゃんと勉強しようと思う。総じて極右、女性蔑視、政治と宗教ってかんじで笑ったりする面白さはありませんでしたが、空間的には最高でした。私たち以外は全員そのネタで爆笑してる空間、珍しい。

しかし、ほぼ全員味方という状況に甘えずちゃんと口だけでなくパワポや動画で説明されてて手が込んでいました。北の王様のお召し物がボンタンズボンににてると画像修正されたり、サッカー日本代表コスチュームを菊文髪型を全員パンチか五分刈りにコラージュ、リオオリンピック閉会式を極右に修正した動画。Adobeのプロでした。アマチュアとは思えない。もしかしたら本業は画像修正のお仕事をされているかもしれない。人に会わないし。

 

質疑応答コーナーでは逆質問を求めていたので目を会わせないように必死でした。

「家にテレビがないのですが最近オススメの質問は?」「今後テレビに出られる予定はありますか?」という質問のあと「先日三島由紀夫先生の命日がありましたが、先生が最後までご存命だったら日本はどうなっていたかと思われますか?」という質問に困りながらしどろもどろに答えてた鳥肌さんをみていとおしいという気持ちになりました。なんならファンの方が右寄りな人が多い気がした。怖いだろうな鳥肌さん、毎回こんな人たちに囲まれて…自意識過剰とかでなくライブ中幾度となく目があったのはSOSのサインだったのかもしれない。

 

物販ブースもありました。本人がサインをしてくれます。

写真も取り放題。どこかでジムとコラボしてダイエットをしているとの情報を得ましたが嘘だったかもしれません。
f:id:okashibabaa:20171205144756j:image

 

若かりしころの写真集を購入しました。2000円でかいましたがAmazonは700円でした。

https://www.amazon.co.jp/%E5%BB%83%E4%BA%BA%E7%8E%89%E7%A0%95-%E9%B3%A5%E8%82%8C-%E5%AE%9F/dp/4792603366

 

でもサインをもらえたので満足です。「まだ写真集残ってる?」と在庫の状況を確認されててちゃんとビジネスとしてやられていることを再確認しました。

 

同行者は手拭いを購入し、余白が有り余ってたのでどこに書くかとワクワクしていたのですが、全然中央にバランス良くかかれて残念でした。右寄りに書いてよ。

 

f:id:okashibabaa:20171205144547j:image

 

三島由紀夫の質問をした人を明るい場所で見かけましたがスキンヘッドの全身迷彩柄の軍服でした。南無三!

 

 

見せ物小屋に行ったら、ニットで風呂に入っていた

風邪をいたみたいでとっても寒い。

人におすすめされたストロング0(梨はなかったから柚子)を飲み、最終的にニットで風呂に入っていた。これなに?夢?死亡事故にならなくて良かったとだけ思うが頭は痛いし気持ち悪い。半年に一度だけこういう感じになって反省する。やめよっと人間を。カブトムシとかになってムシキングで天下を取りたい。ラブandベリーなんてどうだっていい。

f:id:okashibabaa:20171201095511j:image

新宿酉の市の見せ物小屋に行った。雨もギリギリ降らずに良かったです。インターネットには蛇や虫を食べ、鳥の首の骨ごと食いちぎる、とあったけど大分マイルドになっていた。星の王子さまカレーぐらいでちょっと物足りなかった。

 

2017年のメインの演目は「カッパ」

 

内容は

・カッパ姉妹の脱出劇

・人魚(64)による火柱ショー

・生首少女

・カッパ姉妹のダンス

・皿回し

 脱出はよくあるマジック、火柱は規制の対象。蝋の汁を口にいれ、空気とともに吐き出したガス(?)に火をつけ火柱をたてる。雨だから湿気っていたのかあんまり大きくはなかったけど十分凄い。生首少女もよくある手品。でもか細い歌と「親を探している」という設定は100点満点。生演奏にあわせてカッパ姉妹が踊るところは『少女椿』のようだった。生演奏とっても良かったです。エレキテルてきなあの音楽はなんなんだろう。あと演奏している人が全員真顔だった。もう疲れちゃうんだろうな。来年は自分が出ているかもしれない。やろうと思えば何でもできる、何卒宜しくお願いいたします。

 

友達の誕生日プレゼントに小さな熊手を手に入れた。「ここの運気をかっさらうといいよ」とビニール袋に入れず初めから別にして渡してくれた。へーとおもいつつこういう風土的なものはこれっぽっちも信じてないけど気休め程度に大切にしていくのはよいのかもしれないと霞程度に思った。

3日には鳥肌実の講演会に行きます。気付かないうちに右に傾倒していってる気がする。右と左がトントンになるようにクリスマスは滅茶苦茶はでにパーティーをしようと思う。南無三!

 

 

 

日記

寒い。お気に入りのバーバリーのコート、最高。

 

女子会の話題6割恋愛だと思うんですが生きづらい。無理じゃないですか?己の恋愛の話するの。

とかく無理。全て秘密にしたい。身近の友達にこそ言いたくない。地雷と思われてもいいです。

何もなかったときに恋人のいる友達に言われた「早くこの気持ち味わってほし~」という言葉で決意。無意識に善意から人を傷付けてしまうならなにも言わないほうがまし。相手のことを思ったお節介が一番たちが悪い、「あの子が悪口いってたよ」とかそういうの。同罪。死刑。好き嫌い付き合った別れた全て自分で処理します。深夜10km走れば心に墓が出来上がるので心の丈夫さに感謝。あと誰にもなにも言わないので回りに気を使わせない◎

 

早く木嶋佳苗さんに手紙を書きたい。死刑が執行されるより早く。まず図書館で著書を借りよう。明後日はジャスラックに見学にいきます。みんな何を質問するのかな、楽しみ~。

2017年のこの時代に

また一匹犬が死んだ。 

元気な犬だったから尚更キツイ。

陰口のようだしこれをいっても誰も救われないし私が口を出すことじゃないし、小学校の帰りの会みたいな感じになるので近しい人が誰もみてないところで非実存の犬のお葬式をする。ここが私の知ってる世界のはじっこなので。

 

 

 

 

 

 

先日ずーっと仲良しで面白くて大好きな男性のお友だち(サークルの先輩)がInstagramでカミングアウトをした。

 

前からストーリーとかで匂わせてたし、「みんなに嘘をついているみたいで嫌だ」とも言ってたし、新しい彼氏ができて浮かれてて報告と兼ねる感じでサラッとしてて、前から知ってた側の人間は(あ~言ったんだ~)ぐらいしにか思っていなかったけど、回りの反応にショックを受けた。友達本人もそれを知っていた。

  

「おれ知らなかったからあいつに『おいオカマ』とか言っちゃったよ~」「アイツはガチだよ」「気持ち悪い」

 

 

本来なら普遍的に全開でなくてはいけない扉が、やっとだんだん開かれてきたこの2017年も終わろうとしている現代に何をいってる、20代。

言語化できない感情で、犬のリードは放たれた。大きく分けると「怒り」のジャンルだけどよく分からない。悲しさとか絶望と青汁とせんぶり茶をまとめてシェイクして飲んだような気分。その差別みたいな思想を声を大にして言う意味が分からないし、自分の器のちいささを露呈して何が楽しいんだ。気持ち悪い。これを言った人間全員に一生幸せになれないように呪いをかけた。一生忘れない。本人の耳に届いてほしくない。でもこの言葉をかけた人間は彼とも仲良くないしまあそういうことを言う魂の位が下のほうの人たちなので別にまあそうだろうな、で終わるけど、

しっかりしてて優しくてちゃんとした友達の発した「せめてバイになればいいのに」という言葉で犬は死んだ。もう野原を走ることはない。そのとき何も言えなかった自分にも不甲斐ないし、大好きだった友達のことも無になってしまった。一昨日言われたたった13字が消化できずにずっと胃の中で燻ってる。今日スト缶のスト缶を飲んだってのもあるかもしれない。

ちゃんとした人間でもこういうことを言うんならもう世論はそういうことなんだろう。早く全てに火を放ちたい。私が魔王だったらこういうときに世界を滅ぼすんだろうな。ゴミみたいな世界。どうでもよくないか?相手の恋愛対象なんて。彼のことが好きだったわけでもなかろうし。しかもこんな言葉を言ってる人は全員本人と仲良くないし。

 

彼は一個年上だから今年で卒業する。もちろんサークルの卒業コンパはあるけど、来ないだろう。だから二人だけでご飯をたべてお酒を飲んで大きなお花をプレゼントしようと思う。

 


f:id:okashibabaa:20171126022502j:image

ブルーライトを浴びながら、お花屋さんでお酒をのんだ



綺麗なのに枯れたらゴミになる花。諸行無常の理。分かりやすい。

 

デイリーポータルZで取り上げられてたお店に興味を持ったので行ってきた。うまくTwitterのリンクがはれないからURLで。

 https://twitter.com/dailyportalz/status/918250170244100097

ライターの人は、去年インターンをした時に1日行動を共にして本当に大好きになった。言い表せないけど“なんかいい”おじさん。即効調べあげ、結婚してることを知り軽く落ち込んだ覚えがある。たしか奥さまもきれいな方だった。これなのでインターネットは最悪。でもこの方は最高なのでそこだけよろしくお願いいたします。大好き。

 

3畳ぐらいの小さなテーブルでお酒を飲んだ。コロナで680円ぐらい。たしかに感じる百合の匂いを深呼吸して肺までいれた。

テーブルには古いデスクトップが置かれ、なんでもIEで調べられる。ずっとYouTubeK-POPのPVを見ていた。似つかわしくなかったと思うけど店員のお姉さんは優しかった。

 
f:id:okashibabaa:20171109233839j:image

大輪のダリア(250円)を持ちながら、帰り道は大声で笑いながら撮影会をした。


f:id:okashibabaa:20171109233848j:image


Instagramをやめたからよい写真がとれても誰にも見てもらえないことに気づいてしまい、LINEで自分に甘い友達に送って褒められ待ちをし満足するまで褒めてもらい、乗せられるがままアイコンを変えた。

花を胸に抱きながら歩いている間はみんな違いなく主人公になれる、友達がこれを分かってくれて嬉しかった日。

 
f:id:okashibabaa:20171109234057j:image



 





塩コショウみたいな死

大学三年生にもなると目新しいこともほぼなくなり、就活が始まり「死にたい」と耳にすることが増えた。 

 

マイナスのイメージがある「死」は、大人になった今“救い”として使われているような気がすると気づいた。ポジティブでもネガティブでも。

 

「死ななきゃ大丈夫」は鼓舞の言葉としてポジティブに使用され、「最悪死ねばいい」ネガティブではあるけれど唯一の救済として使われる。

文初の「死にたい」は自己嫌悪から派生したものだろうし、そんなに悪いことじゃないと思う。死んで救われたいのか、他者へのポーズなのか、自分で自分の尻をふくためのものなのかは分からないけど。

 小学校のころに「死にたい」なんて言ったら怒られたけど、もっと大人は口に出して救いを求めてた。滑稽~

2浪人した年上の後輩の「浪人中はずっとちょっと死にたかった」という言葉が頭から離れない。そんな塩コショウみたいに…と思ったけれど、そんなに重要なことでもないのかもしれない。ポジティブだし意外と重くない。「死」が「生」よりも身近なのかもしれない。自分は生きてるのに死のほうが身近って意味わからんけど、+よりも-の方が引かれるってことは自分が+ってことかもしれないな、なんてポジティブに考える。