・_・

?!

地下アイドルの客引きに着いてったら、最終的に身ぐるみ剥がされて東京湾に沈められるの?

沈められたくないですか?東京湾

 

新大久保のイケメン通りでは韓流地下アイドルがチラシを配り、その後ろを女性たちが着いていく「ハーメルン」スタイルの行列がよく見られます。

 

憧れが過ぎて(あの列に着いていったら最終的に身ぐるみ剥がされて東京湾に沈めらるのかもしれない)という妄想に達し、なんなら本望なので行ってみました。

 

新大久保にある『showbox』というライブハウスの出演グループが客引きをしているみたいです。

ライブハウスは平日も平均5組位がほぼ毎日ライブをやってた。

沈められても月曜の出社に間に合うように土曜日に行き、ルーレットアプリででどのグループにするかを決め、出番まで新大久保で待機。

 

大人気韓流ドラマをテーマにしたカフェでお茶をしましたが、通された席の壁は穴が開き、ソファーは破けていました。嘘だろ。


f:id:okashibabaa:20180212105128j:image

 

でもラテアートは可愛かったので満足です。イラストはディズニーものやワンピースなど色々ありますが、トラファルガーローのイラストでなかったので満足です。満足ですが、コーヒーは美味しくなかった。

 

なんとなく席をたち、ライブハウスに向かっていたらお目当ての地下アイドルたちがチラシを配っているのに遭遇。かっこいいです。頭身は8でした。チラシをもらうと二人のアイドルが丁寧に話しかけてくれます。

「キョウノライブヤバイ セットリストイカれてる」「イカれてル?チガウヨ...マアイイカ」「ヤバクイカレテルノデキテクダサイ」

イカれてててもなんでもそのために来たのでもちろん行きます。そのあとも道行く人にチラシを渡し、交流をとるアイドルの方々。

 

チラシをもっていくと1000円でライブが拝見できるようです。?安くないか?まあこのあとぼったくられるんだろうと踏んでついていきます。キャッシュカードは持ってきてるので安心です。

 

30分ほど寒空のもと待っていると、TOとおぼしきおねぇ様からお話しかけいただいた。親切にメンバー紹介をしてくださり、その日はメンバーのサプライズ誕生日パーティーをするようでペンライトや応援段幕?(A4)のようなものをいただきました。どのジャンルに限らずオタクは推しの母親気分なんですね。わたしも一時期山田孝之の実母に会いに行くことをライフワークにしていたのでなんとなく分かります...

 

ライブは前売りチケット→当日チケット→チラシの順に入りますが、小さい箱なので一番奥でもステージと5mくらいです。初見は多分私たちだけ。

いただいたペンライトを折ったところでライヴスタート。

メンバーは、オラオラ2人(大学生らしきグラサンキャップ・S系美人)とほんわか2人(リーダー・誕生日)の四人で最初のMCでキャラクターと、立ち位置がすぐわかり設定の完璧さに感動。

はじめの曲は三代目J Soul Brothersの「リュウセイ」です。ヤバいの意味がわかりました。でもダンスも歌も上手い多分口パクじゃないんですが本当に上手いです。そのあと日本の曲を2曲ぐらい歌い、花束が登場。

 誕生日のメンバーは感極まって泣きはじめました。ちなみに犬でいったらモサッとした忠犬みたいな人です。「18年間やってきてステージ上で祝ってもらったのは初めて」からの「5年前に自分で作った曲を聞いてください」とハングルのバラードを歌われたときはちょっとうるっしましたが横を見たら爆笑していたのでスン!となります。

その他も5曲?ぐらい続けて激しい曲を歌って踊って下さり大満足です。すごい、キラキラしてる小さい箱だろうがなんだろうがあれは「アイドル」です。

その後もチェキがとれるというので1000円を確認して2階へ。その間もTOに話しかけていただきました。ありがとうございます、ありがとうございます。楽しかったです。

チェキをとり、サイン会にうつりますが時間が長い。体感5分ぐらい話します。サングラスの人はサングラスを「アレルギーだから取らない」といっていてファン嫌いなんか?と、不安になりましたが、イラストが下手で最高です。犬を飼いてもらいました。もう一人のオラオラ顔がきれいな人はイカ、そしてウサギを裏側に書いてくれました。誕生日の人は「キョウハナイテスミマセン」と照れていてひまわりを書いてくれました最高推します。

最後にリーダーですが丁寧に猫?を書いたあとチラシを配った話から、ずっーと「チクビパーンしましたか?」と聞かれて(?)となっていしたが、「○○のファンになりましたか?」と言われていたと気付き一気に手汗があふれました。なりました。なりました。乳首は無事です。

 

 
f:id:okashibabaa:20180212213848j:image

 

 距離が近いと直接現金を渡してる感じがして大変良いですね。

ファンの方々の「イエイエイ!」と掛け声が心地よかったです。

 

 

 

人間を辞めて概念になりたい


f:id:okashibabaa:20180119235234j:image

 西本喜美子さんの写真展に行ってきた。70歳ごろから写真を始め、自分で加工してるらしい。フォトショでかかれた写真はSFの昆虫みたいでオシャレだった。笑えなかったり不謹慎だったりする笑いは、そちら側から発信すると上手く作用するのかもしれない。人間味がなく、年を重ねたからこその趣があって羨ましい。 


f:id:okashibabaa:20180120012518j:image

 

人間味は無くしたほうが楽だと気付いてから、自分のパーソナルなことは発信せず、各コミュニティの交わりをあまり作らないでいたら家がなく森に帰宅してそうだ、という評価をいただいた。ちょっと失敗しちゃったかもしれないが、はやく概念になりたい。

ここで言う「概念」とは神とかおとぎ話の登場人物とか高田純次さんとからカズレーザーさん。あの人だからで許されるようになりたい。これは「諦め」にもにている。

あともう一歩な気がするから理性の線をもう少しだけ踏み外そうかな。あちら側とそちら側の人の境には高い壁があると教えられてきたが、人によって高さは異なる。私のは肩ぐらいまである。木嶋佳苗さんと私の違いは、保険金目当てで殺せるか、殺せないか、壁を越えられるかそうでないか。

越えると犯罪はしないにせよ滅茶苦茶面白なれると同時に親が泣くのが目に見えてる。でも概念化したら、親もいなさそうだし実態がつかめないから誰にも迷惑をかけないからいいことだらけだ。やったー!

 


f:id:okashibabaa:20180120014312j:image

 

そんなことを考えつつ、今日も門限までに森に帰った。

 

 

 

 

 

天皇84才おめでとう


f:id:okashibabaa:20171223152817j:image

天皇、84才おめでと~~!」と、隣のおじさんが友達のように祝っていた。いい国、日本。

 

一般参賀に行って来ました。12月23日に皇居で天皇が手を振ってくれるやつ。TVでもよく取り上げられているアレです。実際に参加してきたのでノンポリがレポートします。

 

11時の回に参加したかったので10時に桜田門駅集合です。7時起き。早い。入口でボーイスカウトの子が日本国旗を配っていたのでゲット。紙製なのですが、なんかビニールっぽかったです。いつも使っている藁半紙とは大違い。


f:id:okashibabaa:20171223232116j:image

 

あと東京ドームのLDHライブの際によく見るフェルトアートが羨ましくて、フェルトで日の丸を作りました。簡単でインパクトがありますね。

ちょっと間に合わなくてハサミを持参したのですが手荷物検査があり確実に没収されるな、と感じたため検査所の前で工作してみました。ドキドキした。
f:id:okashibabaa:20171223232620j:image

 

まあ結果的にハサミは没収されましたが、お道具箱からとってきた年代物なので未練はありません。

普通にハサミ持ってるの捕まってもおかしくなかった。あぶない。友人には「禁固五年までは友情は不滅」と思っていますが自分が課されるのは違うので気を付けよう。

 

そのままなんとなく列にされ入場。とっても人が入っていっていたので規制あるか?と心配していましたが杞憂だった。

知ってますか?あのいつもテレビで見る緑の瓦屋根の建物の前、めちゃめちゃでかいんですよ。今年は過去最高の5万4千人の方がいらっしゃったそうです。

 

入場から少しして11時ぴったりに天皇一家がお見えになりました。

女性陣はティファニーブルーとそれよりも明るいミント色のスーツをお召しになられていました。美し~🌿

 

お話いただいた内容はこちらをご覧下さい。

https://mainichi.jp/articles/20171224/k00/00m/040/038000c.amp

 

後方にいらっしゃったご夫婦は「え~目があったわ~」などとおっしゃられているぐらい丁寧なファンサ、流石は天皇

あといわゆるガチ勢の方は自主的に作られた「天皇陛下御誕生日おめでとうございます」という旗を後ろで掲げていました。でかい。アイドルのグッズのタオルマフラー3枚分ぐらいある。

古参が新規に前をゆずるなんて素晴らしい。やはりアイドル(崇拝対象)の質でファンの質も変わるのでしょうか。ちなみにLDHのファンの方は地べたに座ります。

 

天皇がお帰りになられたら、私たちもアナウンスに従い撤退です。そのあとは皇居内の売店で北條かやさんがおすすめしていた財布を見てみたかったのですが込み合ってて確認でなかった。残念。

https://ameblo.jp/kaya-hojo/entry-12316600892.html

 

アイスが130円で売っててみんな芝生で日光浴をしていました。今度は混んでいないときにピクニックに来たい。今一番ホットな相撲部屋見学もしたい。

 

右と左をトントンにするためには右の羽を折った方が早いかもしれない。

 

SMバーに行ったけどどちらでもなかった


f:id:okashibabaa:20171209010753j:image


寒い。冬です。12月、あっという間だ。一年も終わる。SMバーにいってきました。

 

その前に花園5番街くらいにあるレモンサワーのお店に行った。友達におすすめしてもらったところ。覚えていてよかった。

 「THEOPENBOOK」

というお店で3階まで吹き抜けでところ狭しと本が並んでいます。オーナーの小説家だった祖父の蔵書のようです。

レモンサワーの専門店でメニューはレモンサワーとレモンスカッシュ、あとは『このせかいの片隅に』にでてきたビールの3つだけ。チャージとお酒で1000円ぐらいです。


f:id:okashibabaa:20171208013530j:image

 
f:id:okashibabaa:20171208013659j:image

オーナーと店員さんがずっと映画について語っていて「その時の主人公の哲学(?)はなんだったの?」みたいな趣深い話をしていた。ずっと知的だったので、こちらはこちらで近々あった鳥肌実の話や見世物小屋の話をしつつ「鳥肌実さんてジョーカーに似てませんか?映画の…なんだっけ…」と朧気なはなしをしていたら「あースーサイドスクワットの~」と話に入ってきてくれた。鳥肌実で図る文化的距離感。心が一気に近づいて、いろんな話をした。阿部定事件や坐間事件、互いの関係性、お店の話など楽しくお喋りさせてもらいました。早く鳥肌実のサイン本を寄贈したい。大麻シールを見せたら大麻をやってるお店を教えてもらいましたが、確実にやってると思われてますね、タバコすら吸ったことないのに。ちなみにそのお店、調べたら目星がつきました。人間なもので少し引かれてはいますが、低くなった敷居を跨いでしまったらもう戻れないような気がするので帰宅して保険の教科書を熟読します。もう一度足を運びたいな。

 

そしてSMバーへ。

http://amarcord.jp/index.html

 

『Amarcord』という新宿三丁目の奥にあるお店です。

扉を開けたら刺激的な格好をされたお姉さま方がたっくさん。コルセット着用が義務みたいです。鞭や器具をさわらせてくれます。美しい~!女性は1時間1500円のドリンク500円。サービス料は20%。4人に対して2人、サディズム1名とマゾヒズム1名のお姉さまに接客していただき、気になってたことを沢山聞き満足です。

 主従関係は複数と結ぶのが当たり前で男性がM嬢を従えることを「多頭飼い」と呼ぶがそれを女性側はあまり良く思ってないことや、年代におけるSM価値観の違い(上になればなるほどMに人権なし)、S嬢さんが50代のM男さんの精巣を摘出し代わりにスーバーボールをいれた話などが記憶に残っています。あとはプレイでは行わないけど、お店では披露する用の縄技を実践していただきました。首と手を結び、お酒しか呑めないようにする縄技です。


f:id:okashibabaa:20171209010112j:image



f:id:okashibabaa:20171209010142j:image

不自由は全く感じない。S嬢の方が血が止まってないか手を触り確認してくれたときに愛情を感じました。お母さんみたいじゃん。でも「トイレにいきたいので外して欲しい」とお願いしたところ「本来ならそのまま行って欲しい」との旨を伝えられそれもまた一興かな~と感動。終始お話をさせていただき、大変興味深かったのですが授業を受けてるような気分だったのでどちらかに傾倒してるという訳ではないんだな、と自分を再確認しました。

 縛られてる時の動画を撮ってもらったので、早く覚えて飲み会の5次会位で披露したいと思う。

 

 

ノンポリですが鳥肌実のライブに行って来ました



f:id:okashibabaa:20171205145024j:image

鳥肌実さんのライブに行ってきた。知らない人はそのままでいてください。端的に言うと「極右の芸人さん(若いころ美少年)」ちなみに私はノンポリでただの顔ファンです。出演されていた映画もTSUTAYAで借りて観ました。顔がよい。

 

総括すると面白かったんですが、学がないので途中あまりわからなかったのが残念!

 

19時から開始予定でしたが20分ほど押してスタート。その間ずっと戦争楽曲や空襲ラジオが流れてて音楽のバリエーションに感動した。よく音源あるね。

汗だくで普通に入り口から「玉砕スーツ」を着用されて登場された鳥肌さん。同行者と一番入り口のカウンターに座ってたので驚いた。「遅れてすみません」と腰低く礼儀正しく謝りながら私たちの横で汗をふく鳥肌さん。その横で「先生!今日も楽しみにしてます!」と声をかけるガチ勢。もう面白い。あと怖い。

ちなみに客層は男女比は9:1で年代は40~50代下手すると一番若いような気がしました。喫煙室には超新宿似のアウトサイダーな人たちが沢山いました。割りと暗いのにサングラスを外さないところが◎

 

ライブは一番有名な廃人演説から始まります。youtubeに別バージョンがあるので気になる人は調べてください。口上はもちろん顔と声質もしっかりと作ってて凄い。

そのあとはマスメディアの左傾倒に異論を呈したり、左政治家の大阪生コン労働連盟の裏側や先日の選挙問題、学会問題、相撲部屋ビール瓶事件、理想の東京オリンピックについて語ったり。終始政治家の名前を多数出されお話しされていましたが、大半がわからなかったのが悔しい。ちゃんと勉強しようと思う。総じて極右、女性蔑視、政治と宗教ってかんじで笑ったりする面白さはありませんでしたが、空間的には最高でした。私たち以外は全員そのネタで爆笑してる空間、珍しい。

しかし、ほぼ全員味方という状況に甘えずちゃんと口だけでなくパワポや動画で説明されてて手が込んでいました。北の王様のお召し物がボンタンズボンににてると画像修正されたり、サッカー日本代表コスチュームを菊文髪型を全員パンチか五分刈りにコラージュ、リオオリンピック閉会式を極右に修正した動画。Adobeのプロでした。アマチュアとは思えない。もしかしたら本業は画像修正のお仕事をされているかもしれない。人に会わないし。

 

質疑応答コーナーでは逆質問を求めていたので目を会わせないように必死でした。

「家にテレビがないのですが最近オススメの質問は?」「今後テレビに出られる予定はありますか?」という質問のあと「先日三島由紀夫先生の命日がありましたが、先生が最後までご存命だったら日本はどうなっていたかと思われますか?」という質問に困りながらしどろもどろに答えてた鳥肌さんをみていとおしいという気持ちになりました。なんならファンの方が右寄りな人が多い気がした。怖いだろうな鳥肌さん、毎回こんな人たちに囲まれて…自意識過剰とかでなくライブ中幾度となく目があったのはSOSのサインだったのかもしれない。

 

物販ブースもありました。本人がサインをしてくれます。

写真も取り放題。どこかでジムとコラボしてダイエットをしているとの情報を得ましたが嘘だったかもしれません。
f:id:okashibabaa:20171205144756j:image

 

若かりしころの写真集を購入しました。2000円でかいましたがAmazonは700円でした。

https://www.amazon.co.jp/%E5%BB%83%E4%BA%BA%E7%8E%89%E7%A0%95-%E9%B3%A5%E8%82%8C-%E5%AE%9F/dp/4792603366

 

でもサインをもらえたので満足です。「まだ写真集残ってる?」と在庫の状況を確認されててちゃんとビジネスとしてやられていることを再確認しました。

 

同行者は手拭いを購入し、余白が有り余ってたのでどこに書くかとワクワクしていたのですが、全然中央にバランス良くかかれて残念でした。右寄りに書いてよ。

 

f:id:okashibabaa:20171205144547j:image

 

三島由紀夫の質問をした人を明るい場所で見かけましたがスキンヘッドの全身迷彩柄の軍服でした。南無三!

 

 

見せ物小屋に行ったら、ニットで風呂に入っていた

風邪をいたみたいでとっても寒い。

人におすすめされたストロング0(梨はなかったから柚子)を飲み、最終的にニットで風呂に入っていた。これなに?夢?死亡事故にならなくて良かったとだけ思うが頭は痛いし気持ち悪い。半年に一度だけこういう感じになって反省する。やめよっと人間を。カブトムシとかになってムシキングで天下を取りたい。ラブandベリーなんてどうだっていい。

f:id:okashibabaa:20171201095511j:image

新宿酉の市の見せ物小屋に行った。雨もギリギリ降らずに良かったです。インターネットには蛇や虫を食べ、鳥の首の骨ごと食いちぎる、とあったけど大分マイルドになっていた。星の王子さまカレーぐらいでちょっと物足りなかった。

 

2017年のメインの演目は「カッパ」

 

内容は

・カッパ姉妹の脱出劇

・人魚(64)による火柱ショー

・生首少女

・カッパ姉妹のダンス

・皿回し

 脱出はよくあるマジック、火柱は規制の対象。蝋の汁を口にいれ、空気とともに吐き出したガス(?)に火をつけ火柱をたてる。雨だから湿気っていたのかあんまり大きくはなかったけど十分凄い。生首少女もよくある手品。でもか細い歌と「親を探している」という設定は100点満点。生演奏にあわせてカッパ姉妹が踊るところは『少女椿』のようだった。生演奏とっても良かったです。エレキテルてきなあの音楽はなんなんだろう。あと演奏している人が全員真顔だった。もう疲れちゃうんだろうな。来年は自分が出ているかもしれない。やろうと思えば何でもできる、何卒宜しくお願いいたします。

 

友達の誕生日プレゼントに小さな熊手を手に入れた。「ここの運気をかっさらうといいよ」とビニール袋に入れず初めから別にして渡してくれた。へーとおもいつつこういう風土的なものはこれっぽっちも信じてないけど気休め程度に大切にしていくのはよいのかもしれないと霞程度に思った。

3日には鳥肌実の講演会に行きます。気付かないうちに右に傾倒していってる気がする。右と左がトントンになるようにクリスマスは滅茶苦茶はでにパーティーをしようと思う。南無三!

 

 

 

2017年のこの時代に

また一匹犬が死んだ。 

元気な犬だったから尚更キツイ。

陰口のようだしこれをいっても誰も救われないし私が口を出すことじゃないし、小学校の帰りの会みたいな感じになるので近しい人が誰もみてないところで非実存の犬のお葬式をする。ここが私の知ってる世界のはじっこなので。

 

 

 

 

 

 

仲良しの人がカミングアウトをした。

前からストーリーとかで匂わせてたし、「みんなに嘘をついているみたいで嫌だ」とも言ってたし、新しい彼氏ができて浮かれてて報告と兼ねる感じでサラッとしてて、前から知ってた側の人間は(あ~言ったんだ~)ぐらいしにか思っていなかったけど、回りの反応にショックを受けた。友達本人もそれを知っていた。

  

「おれ知らなかったからあいつに『おいオカマ』とか言っちゃったよ~」「アイツはガチだよ」「気持ち悪い」

 

 

本来なら普遍的に全開でなくてはいけない扉が、やっとだんだん開かれてきたこの2017年も終わろうとしている現代に何をいってる、20代。

言語化できない感情で、犬のリードは放たれた。大きく分けると「怒り」のジャンルだけどよく分からない。悲しさとか絶望と青汁とせんぶり茶をまとめてシェイクして飲んだような気分。その差別みたいな思想を声を大にして言う意味が分からないし、自分の器のちいささを露呈して何が楽しいんだ。気持ち悪い。これを言った人間全員に一生幸せになれないように呪いをかけた。一生忘れない。本人の耳に届いてほしくない。でもこの言葉をかけた人間は彼とも仲良くないしまあそういうことを言う魂の位が下のほうの人たちなので別にまあそうだろうな、で終わるけど、

しっかりしてて優しくてちゃんとした友達の発した「せめてバイになればいいのに」という言葉で犬は死んだ。もう野原を走ることはない。そのとき何も言えなかった自分にも不甲斐ないし、大好きだった友達のことも無になってしまった。一昨日言われたたった13字が消化できずにずっと胃の中で燻ってる。今日スト缶のスト缶を飲んだってのもあるかもしれない。

ちゃんとした人間でもこういうことを言うんならもう世論はそういうことなんだろう。早く全てに火を放ちたい。私が魔王だったらこういうときに世界を滅ぼすんだろうな。ゴミみたいな世界。どうでもよくないか?相手の恋愛対象なんて。彼のことが好きだったわけでもなかろうし。しかもこんな言葉を言ってる人は全員本人と仲良くないし。

 

彼は一個年上だから今年で卒業する。もちろんサークルの卒業コンパはあるけど、来ないだろう。だから二人だけでご飯をたべてお酒を飲んで大きなお花をプレゼントしようと思う。

 


f:id:okashibabaa:20171126022502j:image